0コメント

選手権で勝ち抜く高校になるためには結局何が必要だったのか? 出場経験持つJリーガーが挙げたポイント

スポンサーリンク


 今年も”熱い冬“の時期が終焉を迎えた。12月30日から1月8日にかけて開催された第96回全国高校サッカー選手権は、昨年準優勝の前橋育英がインターハイ王者の流経大柏に決勝で1-0の勝利を収め、悲願の初優勝を達成した。


 前橋育英、流経大柏、青森山田、東福岡の4強と予測されていた今大会は、2回戦で東福岡が、3回戦で青森山田が早々に敗退する波乱の展開となった一方、前橋育英と流経大柏は前評判通りの強さを発揮し、決勝まで駒を進めた。


 とりわけ際立っていたのは、高校生チームらしからぬ磐石な守備だ。前橋育英はファイナルに辿り着くまで1失点、流経大柏に限っては無失点をキープしていた。決勝でも1-0のスコアで終わったため、両チームそれぞれわずか1失点で大会を終えたことになる。


 ここ数年の決勝は打ち合いや大量失点という傾向にあったが、今年は両チームの選手が「1点で決まる試合となる」と推測していた通り、最高の守備を誇る両雄による鉄壁対決となった。なぜこの2チームは、それまでの決勝を覆すほどのソリッドな守備を披露するに至ったのかは、こちらの記事を参考にしていただけたらと思う。


【高校選手権】“撃ち合いファイナル”が一変 「1-0」の裏に見えた前橋育英、流経大柏の“武器”


 今日ここで取り上げたいのは、高校サッカーという一発勝負で全てが決まる、必ずしも実力の伴わない世界の中で、この両チームはいかにして勝ち切ってこられたのかというポイントだ。


 昨年、かつて大津高校で選手権に出場した経験を持つ川崎フロンターレの日本代表DF谷口彰悟が、高校サッカーで勝ち抜いていく上で必要になる”ある要素”を挙げていた。


「振り返ると、ワンダーボーイのような存在が必要かなと感じた。途中から出場した選手が点を取ったりすると、チームがより勢いに乗るし、例えばその次の試合で劣勢な状況にあっても、その選手が途中から出てきたら『いけるぞ!』という雰囲気が一気に出たりする。高校サッカーの一発勝負は、プロのそれとは違い、対戦相手の隅々まで研究し尽くすというのはなかなかできない。だからこそ、そのようなワンダーボーイが突如現れることだってあるし、そのようなチームが勝ち進んだりもする」


スポンサーリンク








 流経大柏にとって、そのワンダーボーイはMF加藤蓮にあたる。準々決勝の長崎総科大付戦の先発出場を除いた全ての試合でジョーカー役を担っており、途中投入された試合で全3ゴールを奪っている。


 3回戦の日章学園戦、準決勝の矢板中央戦で決勝ゴールを挙げているのも加藤だ。疲労が蓄積し始める時間帯に、スピードのある加藤は一気に流れを手繰り寄せる存在だった。谷口の言葉を借りるならば、加藤が投入された瞬間に、流経大柏には「いけるぞ!」という空気が漂うのが目に見えてわかった。


 前橋育英にそのポイントが発揮されたのは、まさに決勝の舞台だった。膠着した展開が続く中、後半19分にFW宮本鴻を投入。攻撃に凄みが増したチームは、アディショナルタイムに値千金の決勝ゴールを挙げるに至った。


 前橋育英の山田耕介監督は試合後、長身FWを前線に並べるプランを切り札として最後の最後に残していたという。


「(榎本)樹と宮崎(鴻)のツインタワーは、今大会、今日のこの日のために取っておいた秘策。あの2人がいれば、高いボールは(相手にとって)きつくなる。それまでは起用を我慢していた。あのタイミングで、こちらのできるすべての圧力をかけに行った」


 これは谷口の「対戦相手の隅々まで研究し尽くすというのはなかなかできない」という指摘にも合致しており、選手権の一発勝負だからこそ、対戦相手からの対策を回避する”対策”にも打って出ることができるのだ。


 今後の選手権でも、そのような観点で試合を鑑賞してみると、もしかしたら勝ち進んでいくチームの見定めがしやすくなるかもしれない。


【了】


城福達也●文 text by Tatsuya Jofuku


この記事へのコメント